MENU

女性薄毛シャンプーについて

女性型脱毛症とは

薄毛や抜け毛の症状は男性だけではなく女性にも多く発症しています。
そして、男性の脱毛とは原因や髪の抜け方も違いますので、それぞれに合う改善策を選ぶことも大事です。

 

女性型脱毛症の代表的な症例としては、びまん性脱毛症があります。
これは男性のように頭頂部や生え際などの特定の部位が極端に薄くなるのではなく、全体的に満遍なく薄くなっていきます。
男性の脱毛症のように目立つ症状ではないので、初期の頃は気づかないこともあります。
30代後半など中年期にかけて起こりやすい症状です。
年齢の高い人に起こりやすい脱毛症ですが、若い世代でも過度なダイエットやストレス、睡眠不足などで起こることもあります。
さらに過度のヘアケア、パーマやカラーを頻繁に行うことも髪や頭皮に負担をかけやすいので、注意が必要です。

 

女性型脱毛症で有名な例では分娩後脱毛症もあげられます。これは産後に一時的に多くの抜け毛が生じる脱毛症です。
一時期にはかなり髪が抜けますが、ホルモンのバランスが整ったら自然と改善することも多くなっています。若い世代では比較的早く改善できることも多いですが、高齢出産の方や育児のストレスがたまっている場合は回復が遅れることもあります。

女性の抜け毛の原因

女性は、一般的に男性より抜け毛が起きにくく、薄毛にはなりにくいものです。
それは、ホルモンの関係であり、エストロゲンというホルモンが多く分泌されていることにより頭髪が多く体毛が少なくなる傾向にあるのですね。
しかし、女性であってもなぜかよく毛が抜ける時期があるのです。
これは人によって違いはあるのですが、産後と閉経後は特に顕著となります。
その原因は、紛れもなくエストロゲンの分泌量が減少するからです。
妊娠中はエストロゲンの分泌量が増えるため、髪が抜けず、量がとても増えます。
産後は一気にホルモンのバランスが変わってしまうため、増えた分が一気に抜けるのです。
閉経後も同じことが言えますが、排卵はエストロゲンの分泌によって支配されています。
排卵が無くなると、エストロゲンの分泌量もガクッと減ってしまうのですね。
その影響で、更年期症状が起こり、その一環で抜け毛も多くなります。
ですから、対策としてもやはりホルモンバランスを整えるということが第一になりますね。
産後の場合はそのうち元に戻るのですが、更年期の場合は婦人科でホルモン治療をしてもらってもよいでしょう。
イソフラボンのサプリはエストロゲン様の働きをするので、補助の意味で毎日飲んでおくとよいですね。