MENU

ホルモンと抜け毛の関係

抜け毛には、ホルモンが影響していると言われています。男性でも分泌されている女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲストロンというものがあります。このうちのエストロゲンには髪の毛の成長を促す作用があると言われ、プロゲストロンは髪の毛の維持にかかわっていると言われています。女性ホルモンが多く分泌されているときにはプロゲストロンにより髪の毛が維持されるため抜け毛も少なく、さらにエストロゲンの影響で髪の毛の成長のペースも早いのですが、分泌量が低下してしまうと髪を維持する効果がなくなってしまうため、抜け毛が増えたり新しい髪の毛が育たない原因になると言われているのです。逆に男性ホルモンが多く分泌されていると、体毛を濃くするという役割はあるのですが、皮脂の分泌量が増えるという効果もあります。皮脂の分泌量が増えることで頭皮の毛穴が皮脂によってふさがれてしまいます。さらに皮脂は頭皮で髪の毛の主成分であるたんぱく質を作り出すことを阻害してしまう働きがあるため、新しく健康な髪の毛を作り出すことが難しくなってしまいます。その結果、髪の毛が薄くなってしまったり、新たな髪の毛が育ってこないという状況になってしまうのです。